台湾のIT担当大臣 オードリー・タン 唐鳳 思わずフォロー

更新日:2020年9月3日


台湾のIT担当大臣 オードリー・タンと10代が一緒に考える「社会はどう変えられる?」
台湾のIT担当大臣 オードリー・タンと10代が一緒に考える「社会はどう変えられる?」


13〜19歳なら、

インスパイアリングな体験を無料で。


メンバー (無料)プロメンバー (有料)の違いを見てみたら


表をご覧のとうり

「見逃し動画閲覧」ができるかできないかだけです。



これって、

無料メンバーでいいでしょ。

っていうか、あえての無料でいいよ!ってことかな

まぁタイトルにも体験を無料でって書いてるしね!



唐鳳FB

思わずフォローした

https://www.facebook.com/shu.w.zhengwei




(以下プレスリリースより抜粋)

台湾のIT担当大臣 オードリー・タンと10代が一緒に考える「社会はどう変えられる?」


オードリー・タン(以下、オードリー)は、新型コロナウイルス感染症拡大の環境下において、全6000カ所以上ある販売拠点のマスクの在庫が3分ごとに自動更新される「マスクマップ」を3日で開発。マスクを販売する店舗の混雑を防ぎ、一躍全世界で有名になった気鋭のIT大臣です。


今回の配信では、スマートフォンとインターネットがあれば、世界中どこからでも体験可能なInspire Highの特徴を生かし、オードリーと10代が、「社会はどう変えられる?」というテーマについて一緒に考え、1人ひとりが自分の考えをアウトプットし、相互にフィードバックするという、双方向の新たな学習体験をお届けします。当日は台湾の10代も現地から参加を予定しており、ウィズコロナ時代における国際交流の機会を生み出します。

さらに、新たな世界を広げたい学生たちを応援すべく、今回のライブ配信に参加した10代の中から抽選で、台湾への「未来の旅行券」をプレゼントします。


また、本イベント開催にあたっては、官民さまざまな団体・学校が開催協力パートナーとして参画し、10代が社会について考えるまたとないこの機会を共につくらせていただいています(パートナーは下記ご参照)。

なお、Inspire Highは通常13〜19歳限定で独自のアプリで体験するサービスですが、今回のライブ配信セッションは特別に、セッションの様子をYouTubeでも配信予定。どなたでも視聴可能ですので、ぜひお楽しみください。


■開催概要と参加方法

開催日時:9月21日(月・祝日)11:30- 13:00

場所:Inspire Highのアプリ

テーマ:オードリー・タンと考える「社会はどう変えられる?」

言語:主に英語

部分的にナビゲーターによる通訳、コメント欄での日本語フォローあり

英語がわからなくても、見るだけ参加可能です

対象:全国の13〜19歳(主に日本人、一部台湾人も同時参加)


出演ガイド紹介

オードリー・タン(唐鳳):台湾IT担当大臣

シビックハッカーであり、ソーシャルイノベーションを担当する台湾のデジタル大臣。コンピュータ言語PerlとHaskellの再活性化や、Dan Bricklinと共同でオンライン表計算システムEtherCalcを構築したことで知られている。台湾国家発展評議会のオープンデータ委員会とK-12カリキュラム委員会の委員を務め、国内初のe-Rulemakingプロジェクトを主導。Apple社で計算言語学のコンサルタント、Oxford University Press社で群集辞書学のコンサルタント、Socialtext社でソーシャルインタラクションデザインのコンサルタントを務める。また、台湾の市民コミュニティである、ゼロから政府の役割を考える「g0v(ガブゼロ)」の活動にも参画している。


13〜19歳の方の参加方法

WEBサイトから無料メンバー登録の上、Inspire Highアプリをダウンロードして開催時間に同アプリからご参加ください。アプリからコメントやアウトプット、フィードバックなど、インタラクティブな参加が可能です。

→Inspire High メンバー登録ページhttps://service.inspirehigh.com/user/create/


■開催協力パートナー

官民様々なフィールドで先進的な取り組みをする団体・学校が本イベントの開催に協力しています。

(以下、順不同)



経済産業省 「未来の教室 Learning Innovation」、文部科学省トビタテ!留学JAPAN、長野県教育委員会、長野県立大学、立命館大学、近畿大学附属高等学校、札幌新陽高等学校、昭和学院中学・高等学校、成城学園中学校高等学校、東明館中学校・高等学校、ドルトン東京学園 中等部・高等部、広島県立広島叡智学園中学校・高等学校、福山暁の星女子中学・高等学校、三浦学苑高等学校、三田国際学園中学校・高等学校、明星学園中学校・高等学校、立命館中学校・高等学校、立命館宇治中学校・高等学校、立命館慶祥中学校・高等学校、立命館守山中学校・高等学校、明治学院東村山高等学校、一般社団法人ウィルドア、HLAB,Inc.、公益財団法人AFS日本協会、スタディプラス株式会社、特定非営利活動法人ETIC.、Hakuba SDGs Lab、白馬インターナショナルスクール設立準備財団、Gamania Digital Entertainment Co., Ltd. (台湾)


さらに、ご賛同いただける開催協力パートナーを引き続き募集しています。生徒・学生に届けたい中高大の教育機関、10代向けの活動をしていらっしゃる団体、またはメディアの方、ご参画希望の旨、ぜひお問い合わせください。


■学生応援キャンペーン



世界を広げたい10代へ。台湾への「未来の旅行券」プレゼント

今回のライブ配信セッションに参加してくださった10代の方の中から抽選で1名様に「未来の台湾旅行券」をプレゼントします。具体的な抽選の参加方法、賞品内容、渡航時期などの詳細は、WEBサイトのニュースページ内の本リリース記事よりご確認ください。

https://www.inspirehigh.com/news/c1b4dde0-e9e5-11ea-8866-45591f5cd19f/


■Inspire Highとは




Inspire High(インスパイア・ハイ)は、クリエイティブな大人たちと答えのない問いに向き合う、13〜19歳のためのオンラインスクールです。隔週日曜日に開催されるライブ配信セッションを通して、普段ふれあう機会の少ないアーティストや起業家、研究者などクリエイティブに生きる大人たちと、答えのない問いについて考え、共有しあいます。スマートフォンとインターネットさえあればどこからでも参加できるサービスです。

現在、一般利用だけでなく、各都道府県教育委員会や中学校、高校と連携し、キャリア教育やクリエイティブ教育の教材としても数多く活用いただいています。経済産業省の2020年度「未来の教室」実証事業、及びEdTech導入補助金対象事業にも採択されています。

公式サイト: https://www.inspirehigh.com/


過去の出演者(一部)

・想像するってどういうこと? 梶裕貴(声優)

・言葉ってなんだろう? 谷川 俊太郎(詩人)

・社会問題とどう向き合う? 安部 敏樹 (社会起業家、一般社団法人リディラバ代表理事)

・偏愛ってどういうこと? 辻 愛沙子(クリエイティブディレクター、株式会社arca CEO)

・アイデアはどこから生まれる? 龍崎 翔子(ホテルプロデューサー、L&G GLOBAL BUSINESS, Inc.代表)

・個性ってなんだろう? ゆうこす(モテクリエイター)

・言葉でどう伝える? 平野 紗季子(フードエッセイスト)

・美しいってなんだろう? 三浦 遊(資生堂クリエイティブディレクター)

・働くってどういうこと? 新野 俊幸(起業家、EXIT株式会社 代表取締役)

・生きづらさはどこからくる? 鈴木 裕介 (内科医)








1回の閲覧0件のコメント